ご家族・本人の方へ 介護従事業者の方へ

ご家族・本人の方へ

訪問歯科を利用することで、診療を受けるご本人はもちろん、お世話をされるご家族の方にも大きなメリットが生まれます。こちらでは、訪問歯科のメリットをご紹介します。

メリット1:お口の健康を維持できる

通院が難しいことで歯科診療の機会を失ってしまうと、お口の環境はどんどん悪化してしまいます。訪問歯科なら、通院が可能な方と変わらずに受診の機会を得られるため、お口の健康を維持し、お口をだけではなく、全身的に健康になります。場合によっては誤嚥性肺炎が治ったり、介護度が上がった症例も多数ございます。

メリット2:リラックスして歯科診療を受けられる

認知症や統合失調症などによって歩行が出来ない方、通院が難しい方にとって、訪問歯科なら、直接お時間を約束するため時間を有効的に無駄なく治療いただけます。また、いつもの環境でリラックスして診療を受けていただけます。

メリット3:ご本人やご家族の負担を軽減できる

歯科医院に通院するとなると、「感染症の流行時期は感染リスクが高くなる」「対応できる医院探しが大変」「付き添うのもひと苦労」「交通費が必要」など、さまざまな負担が生まれてしまいます。一方、訪問歯科を利用すれば、こういった患者様やご家族の負担を軽減することができます。

介護従事業者の方へ

かつて、介護の現場において口腔ケアは比較的後回しにされていました。しかし近年では、口腔ケアの重要性が見直され、専門的な口腔ケアを含む歯科検診を取り入れる介護施設が増えています。

専門的な口腔ケアのおもな目的は、入所者の口腔機能を向上させ、健康維持・増進をはかることですが、実際には施設の方にとっても以下のようなメリットがあります。

メリット1:施設の価値向上につながる

  • 入所者の健康増進によって、満足度がアップします。
  • 専門的な「口腔ケア」というサービスによって、施設の付加価値が上がります。
  • 施設スタッフの「口腔ケア」知識が向上します。
  • 施設スタッフによる提供サービスが充実し、施設の評価が向上します。

メリット2:施設の負担軽減につながる

  • 入所者を歯科医院にお連れする労力や人件費を削減できます。
  • 通院によって他者と接触する必要がないため、感染症を予防できます。
  • 入所者の口臭が減少するなど、施設内の環境が改善されます。
  • 入所者の摂食障害が改善されることで、施設スタッフの業務が軽減されます。
  • 専門的な口腔ケアにより、口から侵入する菌(インフルエンザなど)の感染率の減少や発熱頻度の減少し、予防できます。

最適な訪問歯科診療をご提供します。吉原歯科医院「さんだ口腔介護支援センター」へのお問い合わせはこちらから