入れ歯を替えたい方へ

訪問歯科で入れ歯のメンテナンスを

こんな時は注意!!

入れ歯が合っていない食事をよくこぼすうまく飲み込めない

入れ歯は、ズレや痛みが生じがちで、それを放置しているとさらに痛みが増し、やがて食事をすることすらままならなくなってしまいます。そういった事態を防いで入れ歯を快適に使っていくには、定期的に適切な調整を行うことが必要です。

リハビリ時に入れ歯を使用していますか?

リハビリの際に入れ歯を使う方と使わない方では、リハビリの効果に違いが出ることをご存じですか? 結論から申し上げますと、入れ歯を使ってリハビリをするのが正解です。入れ歯を使ってリハビリをすることで、奥歯で噛む習慣がつき、奥歯に力が入るようになります。これにより平衡感覚が良くなり、全身に力が入るようになります。その結果、寝たきりの人が歩けるようになることもあるのです。入れ歯はリハビリに大きな助けになるということ、ぜひ覚えておいてください。

「さんだ口腔介護支援センター」の訪問歯科では、入れ歯の調整・交換にも対応しています。入れ歯は、しっかり噛めなくては意味がありません。「入れ歯に不満があるけど歯科医院に通院できない……」という方は、ぜひ当院の訪問歯科をご利用ください。

当院の取り扱い入れ歯

入れ歯には、保険が適用されるものと自費になるものがあります。当院では、患者様一人ひとりのお口の環境やご要望をふまえたうえで、「噛める入れ歯」をご提案しています。

プラスチック製入れ歯(保険)

歯ぐきに接する床の部分がプラスチックでつくられた入れ歯。費用を抑えられることや、製作期間が短いことなどがメリットです。一方、プラスチックでできているため、自費の入れ歯に比べて床が厚くなってしまうのがデメリットですが、機能的には問題ありません。
価格:総入れ歯(片顎)1割負担      5,000円
           3割負担    15,000円
       (上下)1割負担    10,000円
           3割負担    30,000円

※部分入れ歯の場合は随時ご相談ください。

訪問歯科で通院しているような虫歯治療を

当院の訪問歯科では、入れ歯もちろん、虫歯治療にも対応しています。かぶせものや神経の治療、その他の治療でも歯科医院に通院して受ける治療と同等の治療をご提供しています。お口のお悩みは、どんなことでも当院にご相談ください。

~目的は入れ歯の調整?虫歯の治療?それとも口からものを食べること?~

お口に合わなくなってきた入れ歯を修理したり、虫歯を治療することは重要なことですが、その本当の目的は「口からものを食べること」。「入れ歯の修理」「虫歯の治療」ではありません。

口からものを食べられない理由は、実は入れ歯や虫歯以外にもたくさんあります。新しい入れ歯をうまく使えるようになるためには、練習や調整が必要です。そして良好な状態を維持していくためには、入れ歯ができてからの管理が欠かせません。また、歯のある方は虫歯治療をしなければ、入れ歯が使いこなせないという場合が非常に多い現状です。

当院の訪問歯科では、虫歯のない歯にする、良い入れ歯をおつくりするのはもちろんのこと、その後も長期的に訓練・調整・管理を行っていくことで、「口からものを食べること」を実現できるよう、精一杯サポートしています。

「口からものを食べる」ための入れ歯治療をご提供します。吉原歯科医院「さんだ口腔介護支援センター」へのお問い合わせはこちらから